高い声を出す方法

高い声を出す為の3つが大きなポイントとは?

高い声が出ない男性

カラオケなどで上手に歌うコツとして、高い声を出すというものがあります。

 

高い声が出せるようになれば、それだけ音域も広がり、上手に歌えるようになるだけでなく、歌える歌の数も増えてきますので、高い声を出す方法をマスターしたいという人もたくさんいます。

 

とくに男性であれば声変わりをすると、それ以降女性が歌うキーの高い曲を歌おうと思ってもなかなか声がでません。

 

やっぱりもともと生まれ持った才能のようなものがないと高い声で歌は歌えないものなんだと諦めのような感情をもっているひとは非常に多いものです。

 

しかし、高い声を出すのに必要なのは才能ではあく、適切なトレーニングです。

 

ボイストレーニングという言葉を聞いたことがあると思いますが、高い声を出すにもトレーニングが必要なのです。

 

これは言い方を変えれば、「トレーニングによって高い声をだすことは出来る」ということです。

 

高い声を出す為の3つのポイント

 

口を大きく開ける

 口を空ける

実際に高い声を出す方法として知られているのが、口を大きく開けるというものです。

 

もちろんこれだけで高い声が出るようになるわけではありませんが、口を大きく開けることで意識的に大きな声が出るようになります。

 

お腹から声を出す

お腹に力を入れる

次に重要なのが、お腹から声を出す、というものです。プロの歌手や舞台俳優は、腹から声を出す腹式呼吸というもので声を出しています。

 

もちろんプロのような歌声を出す必要はありませんが、腹筋を鍛えておくことで、よく通る声を出すことができるようになり、結果的に高い声を出すことにもつながります

 

 腹筋運動  腹式呼吸法

 

のどを開く

腹筋を鍛えつつ試してみたいのが、「のどを開く」トレーニングです。

 

イメージとしては口を大きく開き、そのままの状態で息を大きく吸って、のどの奥まで空気を取りこみます。

 

のどの奥がヒヤリと冷たく感じた時が、のどが開いている状態なので、この状態で声を出すと、高い声が出やすくなります。

 

 喉を開く

 

 

 

また、普段の話し声からも、少し高めの声を出すことを心掛けるだけでもトレーニングになります。

 

腹筋を鍛えることはすぐに効果が出ることではありませんが、のどを開いた状態で声を出すことを意識して行うことで、音域を広げやすくなるかと思います。

 

【特集】教室に通わず実践者の93%が高い声の要素を引き出せた方法とは?

 

今回取り上げるのは、ボイトレの教室などに行かなくても、マニュアルに書かれている練習法を自宅で行うだけで、その人が持っている高い声の要素を引き出すことができるというプログラムです。

 

音痴克服・歌唱力向上・高い声開発プログラム

 

今回取り上げた理由については下記の4点からです。

 スカパーやラジオ、雑誌などでも取り上げられている
 アメリカの1流ボイストレーナーから学ばれた本物の発声法である
 購入者の93%の人が高音域開発に成功
 実践しても効果がなければ全額返金してもらえる

 

このプログラムを実践された方の歌声や体験談なども掲載されていますので、高い声、高音の正しい出し方が知りたい、自宅で正しいボイストレーニングをする方法が知りたいという方はチェックしてみては如何でしょうか。

 

 音痴克服・歌唱力向上・高い声開発プログラムの公式サイトはコチラ