腹式呼吸法で高い声を出す

腹式呼吸法とは?マスターすることによる効果について

腹式呼吸は、高い声を出す方法として最も基本とされる方法です。

 

プロの歌手や舞台俳優、声優などは多くの息を使って声を出すため、腹式呼吸は必須のスキルといわれており、一般的にも高い声を出す方法として利用されることが多くなっています。

 

腹式呼吸の特徴は、肺の内部に多くの空気を取り入れる呼吸法にあります。

 

主に横隔膜と腹筋、そして背筋とを使い息を取り込むため、高い声を出すことはもちろん、多くの声量を出す場合にも重要かつ有効な呼吸法となります。

 

そのため、腹式呼吸で声を出せるようになると、自分の吐く呼吸を自由にコントロールできるようになり、高い声を出したり、声質を改善することにもつながるという効果があります。

 

また、この腹式呼吸をマスターすると、声の量にも幅がでるという特徴もあります。

 

歌によってイメージを変える等、様々な歌い方ができるようになるほか、歌える曲の数も増えるといった効果も期待できます。

 

高い声が出ない人の特徴として、お腹からではなく声帯で声を出すというのがありますが、この方法では高い声がうまく出せずにのどを痛める原因にもなります。

 

プロの歌手を目指す人であれば、この腹式呼吸は基礎ともいえる呼吸法とされています。

 

もちろんそうではない人であっても、腹式呼吸をマスターすることで声量が増え、同時に歌える曲も増えるうえ、高い声を出してものどへの負担が軽減されますので、練習しておいて損はない呼吸法といえるでしょう。


腹式呼吸のやり方とは?

高い声を出す方法として知られているのが、腹式呼吸による声の出し方です。

 

のどの声帯だけで声を出すのではなく、腹式呼吸のやり方をマスターすることで、高い声を出すことができるようになります。

 

とはいえ、腹式呼吸のやり方がわからずに、お腹に力を入れて声を出す人もいますが、これは高い声を出す方法としてはNGです。

 

腹式呼吸の基本的なやり方

まず前かがみになり、両手で腹部を押さえつつ、少しずつ口から息を吐き出すというものです。その後、体を少しずつ起こしていきつつ、鼻から息を吸って体の中に取り込んでいき、その後ゆっくりと息を吐いていきます。

 

腹式呼吸のやり方のポイントとしては、一度息を吐きだした後は、さらにもっと吐き出すようにすることです。

 

体の中にある空気をすべて残らず吐き出すほどのイメージで出し切ることが、腹式呼吸をマスターするうえで重要な点といえます。

 

もちろん慣れるまでは難しいですが、トレーニングを繰り返すことで腹式呼吸のやり方が少しずつ体になじんで行きます。この一連の腹式呼吸を、ゆっくりとリラックスした状態で行うことで、より効果が上がります。

 

また、人間の腹部には「丹田」という部位があります。

 

これは、へそから指2本分下の部分で、そこを意識的に膨らませたり、逆に小さくすることも、腹式呼吸のやり方として有効です。

 

高い声を出すためには、十分な声量を出すことが必要です。

 

腹式呼吸の正しいやり方をマスターすることで、声量が増し、高い声を出すことができるようになります。


腹式呼吸法|高い声を出す方法関連コンテンツ

裏声発声練習法|高い声を出す方法
高い声を出す為の練習法として裏声で発声練習をすることによる効果ややり方についてご説明しています。
喉を開く|高い声を出す方法
高い声を出す為の喉を開く方法についてご説明しています。
腹筋運動|高い声を出す方法
高い声を出す為に必要は運動とはどういったものなのか、やり方についてもご説明しています。
高い声を出すための発声法 ミックスボイス
高い声を出すための発声法として知られているミックスボイスとはどういった発声法なのか、その効果についてご説明しています。
カラオケで高い声を出して歌うコツは?
カラオケで高い声を出して歌うにはどうすればよいのか、そのコツについてご説明しています。
所さんの目がテン!の放送以降話題のタイプ別・音痴克服法
所さんの目がテン!の放送以降話題のタイプ別・音痴克服法についてご紹介しています。