エッジボイスで高い声を出す

エッジボイスとは?トレーニングによる効果について

高い声を出すためのトレーニング法のひとつに、エッジボイスというものがあります。

 

これはリップロールやタングトリルと異なり、一般的にはあまり知られていない、高い声を出すためのトレーニング法で、その特徴は声帯を閉めた状態で声を出すという点にあります。

 

声帯が閉じられているため、声を出すときにあまり多くの息を使う必要もなく、高い声が出せる以外にも明るく響くような声を出すという効果も期待できます。

 

そのため、プロのヴォーカルを養成するための養成所や、舞台俳優の所属する劇団などでも声を出すためのレッスンとして採用している所も多く、より専門的なヴォイストレーニングの一つとして知られています。

 

エッジボイスをマスターすることで、高い声を出すことができるようになるのはもちろん、高い声を出した時の雑音を減らすという効果もあり、無理やり大きな声を出す必要もなくなります。

 

また、エッジボイスをマスターした人の特徴として、体の力を抜いてリラックスした状態で発声しているという点が挙げられます。

 

初めてエッジボイスを試す場合は、リラックスするという点を頭に置いて、余計な力がかからないように注意しましょう。

 

エッジボイスで声を出し過ぎると、逆にのどを痛めてしまう原因にもなりますので、エッジボイスの練習の際には適度な休憩と、水分補給でのどを休めることが重要となります。

 

このエッジボイスをマスターすれば、声帯とその周辺の筋肉のトレーニングにもなります。

 

のどに負担をかけずに声を出す効果もありますので、高い声を出したい人は、練習してマスターするとよいでしょう。


エッジボイスのやり方とは?

まず、エッジボイスの基本的なやり方としては、「ア」という言葉を発声する口の状態を作り、ゆっくりと息を吐いていきますその後、吐いている途中から実際に声を出していくのですが、この声がエッジボイスです。

 

あくまでゆっくりと、そしてできるだけ余分な力がかからないようにリラックスした状態で声を出していきましょう。

 

とはいえ、エッジボイスが初めての人の場合はなかなかうまく成功しないことの方が多いと思います。

 

そんな人の場合は、エッジボイスの感覚をつかむために、軽く息を止めてからゆっくりと声を出すというやり方が効果的です。その状態で、今度は息を吐きながら声を出してみると、エッジボイスの感覚をつかみやすくなります。

 

また、初めてエッジボイスの練習をする人の場合は、いきなり大きな声を出すのではなく、小さな声でゆっくりと息を吐きながら声を出すやり方がおすすめです。

 

大きな声よりも小さな声のほうが声帯のコントロールもしやすいため、よりエッジボイスの感覚をつかみやすいと思います。

 

このエッジボイスを上手く活用することで、高い声を出すことができるのはもちろん、声量や音域のコントロールもできるようになります。


エッジボイス|高い声を出すトレーニング関連コンテンツ

タングトリル|高い声を出すトレーニング
タングトリルとはどういったトレーニング法なのか、効果ややり方についてご説明しています。
リップロール|高い声を出すトレーニング
リップロールとはどういったトレーニング法なのか、効果ややり方についてご説明しています。