リップロールで高い声を出す

リップロールとは?トレーニングによる効果について

高い声を出す方法として腹式呼吸と共に知られている方法として、リップロールというものがあります。

 

これは、プロの歌手や舞台俳優なども高い声を出すための訓練として採用している人も多いもので、リップロールの特徴は、声を出す時に唇をブルブル震わせるようにするというものです。

 

歌手の養成所などで行われるレッスンなどでもリップロールが使われることも多く、アナウンサーや俳優を目指す人にもおススメの練習法といえるでしょう。

 

リップロールは、特徴的な声の唇の震わせ方をする必要がありますが、うまく唇を震わせるには、勢いよく息を外に出さなければいけません。

 

しかし、このリップロールを会得して、上手に唇を震わせることができるようになれば、音域の高い声を出すという効果が期待できるようになります。

 

リップロールがうまくいかず、唇を上手に震わせられないという人の場合は、力が変なところに入っていたり、それが原因で腹式呼吸もうまくできないといった特徴があります。

 

そのため、リップロールで唇をうまく震わせられない場合は、まずは腹筋を鍛える等して腹式呼吸を練習することから始めると効果的です。

 

声帯のコントロールや、歌う時の呼吸を最小限に抑えるという効果もありますので、プロの歌手や俳優などを目指している人は、リップロールで発声練習をしてみましょう。

 

もちろん高い声を出すという効果もありますので、カラオケなどで今まで歌えなかった曲も歌えるようになる隠れた効果もあります。


リップロールのやり方とは?

リップロールのやり方は難しいと思われがちですが、基本は唇を震わせるように声を出すというやり方になります。

 

もちろん、最初からこのやり方でうまくいく人と、そうではない人がいますので、もう少しリップロールのやり方を掘り下げて考えてみましょう。

 

リップロールがうまくできない人のやり方

変なところに力が入っていたり、妙に力んでいたりする場合が挙げられます。

 

唇を震わせようとすると、のどや下あご部分に意識が集中してしまい、顔全体が力んでしまってリップロールがうまくできないのです。

 

そういった場合には、まず体全体の力を抜いてリラックスした状態でリップロールを試してみるというやり方が効果的です。

 

また、唇を濡らすことで震えやすくなりますので、そういった工夫をこらしたやり方でリップロールをやってみるのもいいかもしれません。

 

コツは、唇そのものにはあまり力を入れるのではなく、息を少しずつ出すということやり方になりますので、まずはゆっくり息を吐きながら震わせるだけでもリップロールは成功しやすくなります。

 

リップロールは高い声を出すための準備運動のようなものです。

 

少しずつリップロールができるようになれば、どんどん声を出して練習することで、高い声を出すことができるようになります。


リップロール|高い声を出すトレーニング関連コンテンツ

エッジボイス|高い声を出すトレーニング
エッジボイスとはどういったトレーニング法なのか、効果ややり方についてご説明しています。
タングトリル|高い声を出すトレーニング
タングトリルとはどういったトレーニング法なのか、効果ややり方についてご説明しています。